漂泊の楽人

旧月潟駅構内のユリでちょっと触れましたが、「漂泊の楽人」とは、内田康夫の長編推理小説のタイトルです。
ルポライター浅見光彦が活躍するシリーズの一編で、過去に3度、2時間ドラマ用に製作されました。

そのドラマが、四たび製作されます。
そのロケチームが、ここ3日ほど当地や弥彦などで撮影をしている模様です。

このドラマの内容は、沼津で殺人事件があり、調べていくと角兵衛獅子や月潟村に関係しているとのことで、当地にやってくるとの設定です。

主演の浅見光彦役は、平岡祐太( (* ̄- ̄)ふ~ん)らしいです。
で、放送予定は、10月23日TBS系のようです。

過去の関連記事

| | コメント (1) | トラックバック (0)

湯畑

草津と言えば、湯畑ですよね。
何はともあれ行ってみました。

Imgp9681

Imgp9683

Imgp9682

Imgp9688
雰囲気はあります。他所にはないオリジナリティが・・・
でもなんでこんなに人気なのか?



以下は次の日。熱乃湯の湯もみ会場へ。

Dsc02421
2階より

Dsc02426
一般参加者も多いですが・・・
並んでまで、入場料を払ってまで見る価値に疑問を感じたところであります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

もう待てないデザート

この連休を利用して家族で、草津温泉に泊まってきました。

料金は高めですが、こんな時でもなければ、10人揃うことは出来ませんからね。
草津は何度か素通りしたことはありますが、泊まったのは初めてです。

それもどうせなら全員が同じ部屋でとのことで、大きな部屋のあるところを探しました。
必然的に老舗の大きな旅館になったようです。

さて、新潟からは、関越道を利用するか上信越道か?迷うところなんですね。
天気が良ければ、志賀高原を通る上信越道なんですが。今回はどうせダメだろうと、行きに志賀高原を。

結局風雨で何も見えず。
クルマから降りることもなく、ホテルに直行。
まだ2時ころだったんですが、部屋に案内してもらいました。
なかなか感じの良い宿だな~と思っていたんです。

しかし夕食時(食事処)で
料理が次々と出てこないのには、閉口しました。
混んでいたのかも知れませんが、子どもなんか席を立って騒ぎ出す始末です。

とうとう業を煮やした女性陣
「なかなか時間がかかりますね~」
「すみません・・・・」

さらには
「あとはデザートだけですよね?遅くなってもかまいませんので、部屋に運んでもらえませんか?」
なかなか言えないことですが・・・・さすが女性陣は度胸がよろしい。

Dsc02410
30分ほどして、部屋に運ばれた、デザート。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

越の雫

西蒲区を中心に栽培が増えているようです。

何だかおわかりでしょうか?

Imgp9574
二つに切った断面です。

もうお分かりですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

運動会雑感

小学校などで運動会を楽しみにしている子どもたちは、多いと思いますが、イヤだと思っている子どもたちもまた大勢いるはずです。

嫌いな理由は、なんと言っても走るのが遅いことでしょう!
なにしろ経験者が言うのだから、間違いありません。

当時は、身長順に6人~8人で走りました。
次の年も次の年も順番に大差はありません。

そこで考え出されたのが、ハンディキャップ制?身長によって区分するのではなく、同じくらいのタイムの子どもたちを集めて、走らせる方法です。

この方法ですと、違った結果がでます。
ただ根本的な解決にはなりませんでした。

それと運動会では、短距離競争だと言うことです。
当時、我が校には、マラソン大会がありませんでした。
中学に行ったらありまして、運動会で万年ビリだった私、いきなりの上位入賞。

「あっ、おれって長距離向きなんだ」

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ご当地ナンバー

ご当地ナンバーが人気のようですね。

新潟県では「新潟」と「長岡」だけですが、上越や魚沼・燕三条などが、噂にあがっています。
ところでこの新潟と長岡の境界はと言うと、見附市以南が長岡のようです。

しかしこのナンバーの地域名は、使用者の住所地で決まるのでしょうか?所有者は関係ないのでしょうか?

かりに私が見附市民だったら、新潟ナンバーの方が良いですけどね。

何かと近い?福島県では、すでに「会津」のご当地ナンバーが存在しています。
ほか「福島」と「いわき」ですね。

長野県では、「長野」「松本」とご当地の「諏訪」です。




| | コメント (6) | トラックバック (0)

国上山と五合庵

4月でしたか、国上山に登り始めたら、雨が降ってきた事がありました。

また近くまで来たので、リベンジよろしく登ってきました。

Dsc02401
313mの山頂まで20分ちょい。

Dsc02404
大河津分水方面の見晴らしの良いところがあります。

Dsc02407
良寛禅師でお馴染みの五合庵。

Dsc02405
もっと近いと記憶していたが、結構歩きでがあった。

                                                               

| | コメント (4) | トラックバック (0)

家族葬に思う。

町内で不幸があると、訃報の案内が配布されます。
同じ町内ならお通夜などに参列すると言うのが、不文律となっているためです。

しかし、ここ最近家族葬が多くなってきました。

名前だけの家族葬もありますが、今回の案内は、「ご香典・ご供物等はご辞退させていただきます」
と明記してあり、会場や時刻などの発表もありません。

「どうしたもんじゃろの~」
「香典なんか持っていったら迷惑じゃないの」
「いや、迷惑ならその場で断るさ。一応差し上げるべきじゃないの?」
「こっちだってもらっていますしね」
「・・・・」

いろんな意見が出てきます。
この辺ではちょうど過渡期なのかも知れません。
これが当たり前になりますかどうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ソーダ

時々、理由もなく昔のことを思い出すことがあります。
今回はこれです。

「ソーダ屋のそうださんが、ソーダ飲んで死んだそうだ。葬式饅頭でっかいそうだ。」

みなさま、こんなフレーズ(唄)?をご記憶にありますか?

しかしこれって、何なんでしょうね~
全国的に知れ渡っているのでしょうか?

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

電気自動車は素晴らしいか?

やがてクルマの燃料は、電気になると思わせるオッサン・新型リーフが発売されます。

電気車は排ガスを出さずクリーンだと言われますが、充電のための電気の85%ほどが化石燃料で賄われています。
この問題を解決、つまり再生可能エネルギーの発電比率を高めないと、五十歩百歩ではないかと、思うのであります。

それともう一つ、
ガソリン(揮発油)税の問題です。
電気車は当然ガソリン税を払いません。
現在2.5兆円と言われるガソリン税収入が、大幅に少なくなります。

その不足分を誰が負担するのか?

新車(電気車)を買えない人だけが、負担することのないようにお願いしたいところです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«藁アート in 上堰潟