「すぐ出来ますか?」

と、
電話が来ました。

「はい、どなたもいらっしゃいませんから」
「では、これから伺いますね」

「は~お待ちしております」

しかしそれは、定休日での出来事でした。

断ろうかと思ったんですが、どうせ暇を持てあましているし、これぞ一石二鳥?
時期的にも冷暖房は要らないし。

そして来店のお客さん、様子が違うようだが、気づきません。

おもむろに「実は・・・」
「なんだ、どうりで」 むしろ恐縮されていました。

 

 

 

| | コメント (0)

消費税上がれど

消費税が5%になったときから、総合調髪料金は変わっていない。

すなわち料金は4000円だから、5%の時は、税額190円。
8%の時は、296円。
今回10%では、364円が消費税分です。

2%分では、68円ですから、あげても100円です。

それだったら我慢するか?

 

| | コメント (2)

長期休業

知人の理容師が、病気のためもう3ヶ月ほど休業しています。
1人での営業ですから、完全閉店です。

現在リハビリ中です。仕事に復帰は出来るかも知れませんが、4ヶ月も5ヶ月も休んで、復帰してもお客さんが戻ってきてくれるか?
その点が心配です。

知人は60歳半ば。
いっそ廃業した方が?って思うのですが、
こればかりは、本人でないとなんとも言えませんね。

| | コメント (2)

不要部門の続き

続いては、共済のお話です。

一部廃止というのは、全連の共済部門です。
全連の共済は、団体生命・療養補償・年金・火災などです。
これも今となっては一般の保険に比べてもメリットは少なく、ましてやネット保険などにも到底かないません。
ただ、賠償責任保障は有意義かもしれませんが、掛け金が高いのかどうか?
一般組合員には、分かりません。

このあたりも一部の上層部と保険会社が結託しているような?疑ればキリがありませんけど。

支部独自の共済制度は、有意義だとは存じますが、800万近い繰り越し残高には異論ありです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共済制度

多くの理容業界(組合)では、月々の組合費と共済制度がもうけられています。

当地の組合でも当然のごとく存在します。

共済制度は言わば、目的税ですから、他の目的での使用は問題があります。

しかしその共済積み立て金、月に400円ですが、長年積もり積もって、750万円となっています。
近年では、計算で年間22万円づつ増えています。

わたしの試算ではあと12年で1,000万円に達するかも知れません。

月に100円下げて、300円にしても十分やっていけるハズだから、下げたらいかが?伺いました。
すると
「将来のために残しておいた方が、良い。100円くらいのことで、ガタガタ言うなよ」みたいな返答なんです。

それはちがうだろう!

このままでは、絶対使い切れないのですよ。
残高を減らすには、支給額を増やす方法もありますけど・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

事業部の実態

不要部門だと指摘した事業部の主な仕事(収入)は、物資の斡旋販売であります。

今やどこでも手に入りますし、注文してから手元に来るまで時間がかかりすぎますから、人気がありません。
それに価格的にも魅力はありませんからね。なんと言ってもわずかですが、組合がピンハネしているわけですし。

付き合いで購入している?人もいるようですよ。

こんな時代遅れのシステムは不要です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不要部門

ご無沙汰しております。
久しぶりに悪口でも書き込みますか?

身近な支部とその組織ついて記してみましょう。

支部長・総務部長・事業部長・衛生指導部長・副支部長・経理部長・教育部長・文化広報部長・共済部長・組織部長・庶務部長・監事・青年部長などがあります。

兼務している方もありますが・・・

当時はどうか知りませんが、今となっては、不要な部門があると思っています。
総務と副支部長、どちらか不要。
事業部も不要。共済部門は縮小。組織部も不要。

組合員数が減っている今、もっと軽やかな組織にすべきでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全理連も担当している○○生命

「私、全理連(組合)共済部門の担当をしております○○生命の△△と申します」と、電話。

つまりは、今は銀行に預けていても、利息が低いから、私どもの□□はいかがですか?とのセールスなんですね。

たしかに○○生命は、全理連共済の引き受け会社のようですが、組合がバックにあるような売り込みは、いかがなものでしょうかね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガラガラとサインポール

サインポールも古くなると、ガラガラと音を出すようになって来ます。

月に一回やって来る器具商さんに伺っても、知ってか知らずか?
どうにもならないって感じです。
つまり新型を購入すれば、みたいな??

ダメで元々、
とりあえず上部のカバーを外して、回転軸に接しているフェルトに油を差してみました。

すると大幅に静かになりました。

下の受けにも差せば、もっと静かになると思われますが、面倒なのでこれで良しとします。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

飲酒のお客さん

昔は時々いましたね。酒のみお客さん。

ひどい人は、酔っ払って来店されます。

「なによ、酒が入っていると頭刈らんねってか?」
「途中で気分が悪くなりますから」
って言っても聞く耳を持ちません。

しばらくは陽気に喋っていますが、次第に無口になってあくびが出始め、顔面蒼白になってきます。
こうなると、もう中止です。

ただ、その方にとって丁度適量での飲酒ですと、誠に気分良く過ごされる場合があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧