« 乱数 | トップページ | 当選番号は »

理容共済2例

理容組合では、共済制度があります。

全国理容組合連合会が主催の共済は、任意加入で、各種ありますが、他の一般の保険との差が分かりづらいです。
それもそのはずで、一部を除いて民間保険会社などに運用を委託しています。
つまり理容組合共済に加入するメリットが、分かりづらいですね。

そのためか?人気がイマイチです。

そして今度は、自動車保険まで手を広げたのです。
「見積もりして安かったら入ってください」とは言うが・・・

一般に安いのならネット系ですよ。
だいたい、各各お客さんとの付き合いもありますしね。

下衆の勘繰りだが、一部の上層部だけが旨い汁を吸って、下っ端は、ほれ加入者を集めるように。なんてね。


もう1つは、強制加入の地域版があります。
これは各地区で取り決めて、死亡・入院・火災などで共済金がでます。
運用は、組合だけですので、残高が多くなれば、掛け金を下げるとか、こちらは明朗会計です。

 

 

|

« 乱数 | トップページ | 当選番号は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理容共済2例:

« 乱数 | トップページ | 当選番号は »