« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

理容椅子は眠くなる?

「この椅子に座っていると、眠くなりますよね」と多くのお客さんが言う。

「なにか仕掛けでもあるんですか?」と言う人さえある。

少なくとも美容用の椅子よりは、座り心地は良い思うが・・・
それ以上のことはないはずだ。

むしろ技術者(理容師)のサービスによるところが大きいのですよ。
カット中は、小刻みの良いハサミの音・クシが髪の毛と頭皮にほどよい刺激を・・・

シャンプー・マッサージで、これまたスッキリしつつも快適な心地よさ。

シェービングでは、一歩間違えば痛いのだが、その一歩手前の心地よさ。すでに寐ているので眠りにつくのも早いというものである。

とくに髭の濃い人は、それなりの時間が掛かるので、
「普段は面倒な髭だが、この時ばかりは長く眠れて最高だね」との声も。

ほんと、髭の濃い人は、ひげ剃りだけで30分も掛かりますからね~

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「かしこまりました」

「分かりました」の最上級の謙譲語であり丁寧語でしょうか?

なにか注文すると「かしこまりました」と、お店などではよく耳にします。

しかし、当店では使いませんね。いやま~正直なところ、恥ずかしくて使えません。

それにいかにも他人行儀な印象があります。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハサミの研磨に不満

理容ハサミの価格はピンキリだが、売れ筋と言ったら7~8万円と言ったところか?

この程度これ以上の価格のハサミなら、まず問題なく品質は良い。

しかし良く切れると言っても、だんだん切れ味は落ちる。
その内、研がなければならなくなる。

しかしなにせ高級ハサミ、おいそれと研ぐのも気が引ける。

メーカーに送って研いでもらう方が安心ではある。もちろん有料(3000~4000円)である。

なるほど新品同様な切れ味になって、戻ってくる。

ところが2度3度とくり返していると・・・
買った時の切れ味は無く、長切れもしなくなるように思う。

「ハサミなんて一生ものでしょう」って、よく言われるが・・・

メーカーの専門家が研いでもそんなものなのかな~?            

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »