« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

廃業=免許返還

理容所を廃業する場合は、廃止届(正確には理容所変更等届出書)を保健所に提出しなければならない。

その際、理容師免許証も返還するという(とある会合で先輩2人が主張する)

そんな馬鹿なことあり得ないでしょうと反論するも・・・

その後、改めて考えてみた。

年取って仕事が困難になったので、廃業するならまだ分かりますよ。

例えば、30歳で開業したものの思うように売り上げが伸びず、35歳で廃業して、大手理容店に勤めようと思った場合・・・

廃業・免許返還となれば無免許ですから、勤めることが出来ませんよ。

法令は難しく書いてあるので、よく分かりませんが、理容師法にも廃止時に免許返還という項目は、無いように思いますがね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ用耳かき

なかなか良い品が入りにくい竹製の耳かき。
この度良い品が入荷しました。ご希望の方にお分けいたします。

Mimi2

Mimi
長さ 18~20センチ
質量 約1.2g、竹製

1本、320円。送料・税込み400円。80円切手5枚でOKです。
2本、640円。送料・税込み720円。80円切手9枚でOKです。
4本、1280円。送料・税込み1280円。80円切手16枚でOKです。

まずは、メールをください。ezf00742@nifty.com「うめとこ」までお願いします。

なお業務用のため、包装などはしてありませんが、お送りする際は万全を期してお送りいたします。
万一破損などの場合は、お取り替えいたします。

予定数に達しましたので、終了いたしました。
またの機会を・・・ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にいがたっ子すこやかパスポート

にいがたっ子すこやかパスポートの協賛企業が、ネットで発表された。

「うめとこ」は、まだ申請していませんでしたが、先日申請しました。
http://sukoyaka-pass.jp/index.cgi に登録されました。

当店も4月1日から協賛する予定です(1日から使えます)

Card
お持ちの方は、お忘れ無く・・・
なお詳細は、店内のポスターにて・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスクル

今日注文すると明日来る。で、アスクルなのだろうか?!
会社・事務用品が主体の通販会社のようだ。

シャチハタの店舗印が欲しいと言ったら、ここが良いと紹介されて、分厚いカタログまで届いた。
1900円以上の注文で送料無料。うちみたいな偶にしか利用しないようでは、儲からないだろうな~
ちなみにこのXスタンパー、2268円もちろん送料無料だ。

Asukuru

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタイリストはカッコイイ

スタイリストとは、モデルの服飾や写真撮影の準備・手配をする 人やデザインの方向づけをしたり、デザインをアレンジして商品 ラインを具体化したりする人のことをいう。

しかし、最近美容業界では、普通に使われているのか?情報誌などでもよく目にする。

ある情報誌に載っていた用語。

ジュニアスタイリスト・シニアスタイリスト・スタイリスト・トップスタイリスト・・・・
いずれにしても公的資格としては、美容師・管理美容師しかないハズですがね~
各店舗やグループ内での単なる言い方にすぎないと思います。ま~格好いい印象なので好んで使われているのか?

ネイリストは、公的?資格が、またカラーリストはヘアーカラーとは直接関係しないかも知れませんが、やはり公的?
資格があるようです。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

カット専門店にイエ*ーカード?

QBハウスやヘアファクトリーに代表される「カット」オンリーの店が各地で出店攻勢をかけている。
カット専門だと設備投資がかなり安く抑えられので、出店しやすいのだ。

カットが終わると、吸引機で刈り毛を吸い取るというが、限界があるのは明白だろう。

理容は保健所の管轄下におかれ、「理容生活衛生同業組合」と名乗らなければならない。
それだけ衛生には注意しているのだが・・・

そこで・・・
特に問題になるのは、大型店内にあるカット専門店である。

それらの店には、食堂や食品売り場があり、カットしたお客さん(刈り毛の残った可能性のある)が、立ち寄る可能性も高い。

不衛生だと言う声が上がっている。

新潟県内各地の保健所では、調査に入っているという話もある。

また流水洗髪装置がない施設は、理容の許可を出さない県もある。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ポイントカードスタートは順調です

ポイントカードを始めてから2ヶ月が経った。

「そんげん面倒らっけ、要らんわね」というお客さんが数人いた。
しかし「そういわんで・・・」と言うとひとまず受け取ってくれる。

1人だけどうしても拒否した方があった。それと認知症の人、1人には知らせなかった。

最近では2回目のお客様も多くなり、こちらから催促しなくても、お客様の方からカードを出す人が多いのにもびっくりしている。

今月中に満印になる第一号のお客様が出る予定だ。

でもこれから来店頻度の少ない方が多くなる、その方たちの対応がどうなるのかな~
正念場はこれからと言うことか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »