« 遠慮気味のターン? | トップページ | 年末年始営業のご案内 »

なぜあの店はつぶれないのか?

週刊オリラジ経済白書風に・・・

どこでも見かける古びた店構えの理容店。
いつ見てもお客さんがいないようだが、どうしてつぶれないのか?

番組では、そのような店でも思いのほか儲かっているというが・・・
たとえば、学校や会社との取引があるとか、ネット販売が好調だとか・・・
しかしそれらは理容店では、考えられない。

ではその理由を。新潟市で経営をされているYさんにうかがった。

①お客さんがなければ、経費はほとんどかからない。店舗も長いこと改装していないし。
②夫婦または1人での営業で、人件費もあまりかからない。
③その経営者も60歳以上が多く、家計費も少なくてすむ。

つまり、やっぱり理容店は儲かっていなかったのだ。
経費を切り詰めてなんとかやっているのが、実情のようだ。

|

« 遠慮気味のターン? | トップページ | 年末年始営業のご案内 »

コメント

こんばんは。
>ずーさんさま
なんともユニークなお話のようですね。

>枯れ葉マークの軽トラックに出会いましたさま
久しぶりですね。これからもよろしく。

投稿: もうぞう | 2007年11月22日 (木) 19時30分

借り店舗の理容店の人は、かなり苦しそうです。

開店当初は、みんなが債務超過です。

私も、値上がり前に、トイレとペーハーとテッシューペーハーを1年分を買いだめたら、債務超過気味です!!!??

投稿: 枯れ葉マークの軽トラックに出会いました | 2007年11月22日 (木) 19時09分

私もブログ書いています。よろしくお願いします。

投稿: ずーさん | 2007年11月21日 (水) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜあの店はつぶれないのか?:

« 遠慮気味のターン? | トップページ | 年末年始営業のご案内 »