« 靴に髪の毛が刺さります。 | トップページ | 確定申告相談会 »

美容業界は後継者不足?

今日の新潟日報、「プロとして 仕事白書」の中で、新潟県美容生活同業組合のコメントが・・・
「美容師の高齢化が進んでおり、後継者不足に直面する懸念がある。いかに人材を確保していくかが今後の課題」

ちょっと意外だった。
確かに50歳以上の美容師は多い。しかしここ数年の美容師ブームで、毎年400から500人の美容師が誕生している。

新潟県の美容師数は、約9500人。
この数から新規参入者を計算すると、年間200人程だ。つまり年間200人ほどの美容師が参入すれば、9500人体制を維持できる。

この9500人でも多いと言われているのに、年間500人もの新規参入がある。これでなんで後継者不足なんてコメントが出るのか?
まったく理解できない。

ちなみに後継者不足なのは、理容業界の方だ。
新潟県では年間30から40人程度の参入者しかない。

|

« 靴に髪の毛が刺さります。 | トップページ | 確定申告相談会 »

コメント

快適優美さん、こんばんは。
高年齢になっても高収入にならないのは、個人自営業の宿命です。
そのかわり若くて元気なときに同期の勤務者より多く稼ぐことが出来るわけですから・・・

投稿: もうぞう | 2007年3月 8日 (木) 20時36分

確かに50歳以上の美容師は多い。しかしここ数年の美容師ブームで、毎年400から500人の美容師が誕生している
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は、寒波の逆襲ですね!
たぶん、こうゆうことでは無いでしょうか!
高年齢に成っても、高収入に、なかなか成れない!
理・美容師の人数が多いのにどうして、ではなく、平均ニッポンの年収が理容師・美容師は260万円ですからね~~~
地域的には、まだまだ、低い地域も有りますからね。
高年齢に成っても、高収入に、なかなか成れない!
それより先に、廃業の道をたどってしまうのではないでしょうか!? (^O^)

投稿: 快適優美 | 2007年3月 8日 (木) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美容業界は後継者不足?:

« 靴に髪の毛が刺さります。 | トップページ | 確定申告相談会 »