« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

正月の準備は・・・

今年も残すところわずかになりました。
って、よく言ってますが・・・

正月の準備は順調でしょうか?
年内の散髪もお忘れ無く?!648621_248

31日は、午後5時までの営業となっております。なお31日は比較的すいております。
ご来店をお持ちいたしております。

なお新年は、四日よりの営業となります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

発泡スチロールの箱

Happo

アイスクリームが入っていた発泡スチロールのケースである。
何に使うかというと・・・・

スチームタオルを入れるのだ。
6本~8本は入る。

在宅理容つまり出張理容時に、威力を発揮する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「客待ち」とは?

その1。
(混んでいて)お客様が順番を、待つところ。

その2。
お客様が来るのを(店の人が)待つところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうせ抜けるんですから・・・

髪の毛の薄い人に多いのが、シャンプーをしたがらない。またはサッと洗うだけという人だ。

理由は、髪の毛が抜けるからだろう・・・と思われる。

でも通常のシャンプーで抜けるような髪の毛なら、放っておいても数日中には抜ける毛である。
特にゴシゴシと洗うのでなければ、頭皮を清潔にして酸素を供給した方が、髪の毛や頭皮のためには良い。
これが定説になっている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

現役で死のう??

理容組合には、共済があり、中でも団体生命共済小型というのに多くの加入者がいる。

加入条件は、もちろん組合員及びその家族である。
一般的な2口加入で、死亡時200万円が支給されるが、組合を辞めれば、共済も辞めなくてはならない。
この場合共済金は、一銭も出ない事になる。

共済金を受けるには、現役(組合員や家族)で死ななくてはならないのである。

子供などが跡を継いでいる場合は、家族として死ぬまで加入を続ける事が出来るが、自分1人で営業してる場合は、現役で死ねる可能性は、低い。

このような人にも救済の手だてをして欲しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

廃業も大変なんですね~

近所に理容店を廃業する方がいる。

手続きがなかなか面倒なんです。

まず、保健所に廃業届。

組合に廃業届2通・標準営業約款廃止届・理容組合出資証紛失届出書。

他に、共済に加入していれば、その脱会届などが必要になります。

身体の具合が悪くなってから廃業する人にとっては、なおさら厄介な作業だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »