ロックダウン

ロックダウンは、都市封鎖のことらしいですが、総理などは緊急事態宣言と言い換えているようです。

それはともかく、

そうなると、理容店も開店出来なくなる可能性が、十分です。

ま~田舎の理容店は該当しないかもですが、
もし発令されれば、2週間ほどの大連休になりますね。

とは言っても、旅行に行くわけにも行かないし、困ったことになりそうです。


| | コメント (2)

クラスター発生のリスク

1)密閉室内で換気が悪い。
2)近距離での会話や発言。
3)手の届く距離に多くの人。

以上が3大リスクだと言われています。

では、理容店でどうか?

1)密閉室内ではありますが、換気は悪くないです。当店は空調換気扇をつけています。もう少し暖かくなれば窓を開けますし。
2)近距離での会話は、間違いなく存在します。お客さんはマスクをつけることが出来ませんしね。
3)近くに多くの人に関しては、近づくのは1人か2人ですから、該当しないと思われます。

だれでも感染したくない、させたくないと思っているのですがね~

| | コメント (2)

経営者ですから。

理容組合でも年度末になると、「総会」が開催されます。

昭和時代は、定休日・料金・営業時間が関心事で、議題の中心でした。

なんでそんな事が?
と若い頃は思ったのでありました。
規模は小さいですが、個人経営者の集まりですから、組合にたよらず自分で判断すれば?って常々思っていましたからね~

しかし時とともに、それらの議題はだんだん関心が薄れていったようです。

経営者意識が育ったのでしょうか?
いや諦めムードかな?

一番影響を与えたのは、いわゆる格安店だと思われますね。

| | コメント (4)

理容店も禁煙。

今年4月1日から、受動喫煙対策が厳しくなるようで、すべての理容店舗でも喫煙が出来なくなります。

喫煙室を設ければOKなのですが、理容店で喫煙室を設ける余裕がある店は、ほぼ皆無でしょう。

禁煙のポスターでも欲しいところですけどね。


| | コメント (2)

毛が無いからこそ難しい

「俺の頭は毛が無いから、簡単だろ」なんて言う方が時折いらっしゃいます。

とくにバリカンでの丸刈りでは、結構難しいのです。

短いバリカンならまだ良いのですが、7mmとか9mmになってくると、うぶ毛を押しのけてしまうんですね。

結果、シャンプー後には、刈り残した長めの毛が所々に、出現します。

| | コメント (2)

「すぐ出来ますか?」

と、
電話が来ました。

「はい、どなたもいらっしゃいませんから」
「では、これから伺いますね」

「は~お待ちしております」

しかしそれは、定休日での出来事でした。

断ろうかと思ったんですが、どうせ暇を持てあましているし、これぞ一石二鳥?
時期的にも冷暖房は要らないし。

そして来店のお客さん、様子が違うようだが、気づきません。

おもむろに「実は・・・」
「なんだ、どうりで」 むしろ恐縮されていました。

 

 

 

| | コメント (0)

消費税上がれど

消費税が5%になったときから、総合調髪料金は変わっていない。

すなわち料金は4000円だから、5%の時は、税額190円。
8%の時は、296円。
今回10%では、364円が消費税分です。

2%分では、68円ですから、あげても100円です。

それだったら我慢するか?

 

| | コメント (2)

昼寝は床屋に限る。

高齢のお客さまのNさま、ほとんど毎回眠られます。

きょうは夕方お見えになった。

「お昼寝は、してきたんでしょ!」
「もちろん」
「じゃ、きょうは眠れないかも知れませんね」

入眠まで少々時間がかかったが、まもなく夢の中に・・・」
なんといってもこの方、髭が濃いので時間がかかります。

ひげ剃りが終わって、椅子をおこすと、なんと・・・
「まだ眠り足りないな~」
「あんまり寝ると、今度は夜眠れませんよ」
「いや~それは大丈夫大丈夫。

なんともうらやましい方だ。

ちなみに
すべてのお客さんが眠れる保障はありません。悪しからず。

 

| | コメント (2)

70歳で定年?

自分が若い頃は、70歳、もしくはそれ以前でも廃業するつもりでした。

ところがだんだん歳をとるに従って、もう少しもう少しと「欲?」が出てきたようです。
ま~
それ以前に生活費の不足が心配なんですけどね。

お客さんを待っているのも大変ですが、毎日が休みだったらこれはこれで大変な気がしますね。

一体どうなる我が店の運命?

| | コメント (2)

長期休業

知人の理容師が、病気のためもう3ヶ月ほど休業しています。
1人での営業ですから、完全閉店です。

現在リハビリ中です。仕事に復帰は出来るかも知れませんが、4ヶ月も5ヶ月も休んで、復帰してもお客さんが戻ってきてくれるか?
その点が心配です。

知人は60歳半ば。
いっそ廃業した方が?って思うのですが、
こればかりは、本人でないとなんとも言えませんね。

| | コメント (2)

«サインポール結露の続編