マイナポイント

きょうの新聞の総務省マイナポイント広告で、見聞きしない文言が・・・

1)公的個人認証サービス対応スマホ。
2)JPKI利用者ソフトアプリ。

わたしのスマホは、1)に対応しているか?調べてみましたら、ダメでした。
となると、PCとカードリーダーが必要?のようです。

もともと、しょうもないシステムかと思っていましたし、(今のところ)導入する気はありません。


| | コメント (0)

おせち

三段重ねの重箱におせち。折り込み広告をみると、2万円台が多いようです。
もちろん各ご家庭で作れば、一番でしょうが、ついつい注文する方も多いのでしょうね。
いかにもお正月げですが、このあたりでは、あまり見聞きしません。
そのせいか食べたいとも思いません。

大晦日はそれなりにご馳走はあります。作り置きではありませんから、多くの料理は出来たてです。

元日の朝は、雑煮やあん餅・きな粉餅などで、箸休めでもあれば十分でしょう。

お昼は食べたり食べなかったり、食べたとしてもカップ麺程度です。

夕飯は前日の残り物に、豪華な?一品が添えられます。

2日・3日も同様に過ぎていきます。

また新年のあいさつにお越しになる方がいます。
クルマで来る方が多いので、お茶でOKですが、まれに運転手付きで来られる方には、アルコールを出す習わしです。
となると、箸が必携でつまみも必要となりますね。

 

 

| | コメント (4)

写真を飾る。

「Kさん、よく山にお出かけですよね。写真もたまったでしょう」
「え~まあ、最近はよく出かけるようになりましたね」

「どうです?空いているスペースに飾りませんか?」
「それはありがたいですが、私のプリンターは貧弱でしてね」

「じゃ、データをお持ちくださいよ。家のプリンターは少しはマシでしょうから」

と言うことで、10枚ほど持参された。

3

5

1_20191211191701

2_20191211191701

4
その中から私好みの5枚をプリントすることに。

その前にこっそりと公開します(知れたら叱られるかな?)
どうやら蒜場山付近のようです。

 

| | コメント (2)

快晴でついつい。

軽度な運動以外は、自粛しているのですが、あまりの天気の良さに誘われて、角田山へ。

ゆっくり登れば、大丈夫?なんて自己判断です。

時計を気にせずにゆっくり登ります。
初めは胸のあたりに違和感を覚えます。呼吸を吐く方に重点を置くと、だんだん楽になってきます。

寒冷な気温も相まって、結局今までとほぼ同タイムで、山頂に着きました。

Imgp0306
越後平野と飯豊連峰

Imgp0310

Imgp0313

Imgp0311
さらに北の朝日連峰?

 

| | コメント (12)

暑い 寒い

「さ~めなったの~」が挨拶になってきました。
また、「さ~めの~」とつい独り言が出てしまいます。
「やっぱ、あっちゃても夏がいいの~」とも。

かと言って、暑くなれば、「あっちぇの~」「あっちゃなったの~」
と、やはり口癖のように出てしまいます。

所詮人間なんて、そんなものなんでしょうが。
寒いと暑い口走る回数は、どっちが多いのでしょうか?
わたしなら寒い方が多いように思いますが。

言うまいと 思えどきょうの さむさかな



| | コメント (6)

にいがたのポイント?

にいがた未来ポイント

今や何かというと、ポイントだのポイント還元が大流行ですが、
こんなポイント制度?
知りませんでしたね。

| | コメント (4)

ポワレ

とある郊外型のレストランに入りました。

メインは、肉料理のようだが、あまり腹も減っていないし、ランチメニューの安さに惹かれて。
その中でも金目鯛のポワレに、視線が行った。
「ポワレってなあに?聞いたことはあるけどね」
「食べてみればすぐわかるさ」
と言うことで、注文。

1575351605324
ムニエルやソテーなどとの違いがわかりませんね。

美味しくいただきましたけど。


| | コメント (8)

動物の死期

は、集団生活をしている動物なら、仲間の最期を経験することもあるでしょう。

しかし仲間との交わりも無い我が家のペット犬、何を思っているのやら?

16歳を越えた我が家のPome、最近は、目が見えにくいとか、耳が聞こえにくいとか、嗅覚も鈍ってきたとか、歯を何本も失っているとかで、老いを感じているとは思いますが・・・

さらには、老化は進むはずで、だんだん死期に近づいて行くのでしょうが、犬自身はやがて来る「死」を意識するまたは理解しているのでしょうか?

ぼんくらの私にはとてもとても難しい問題でした。

 

| | コメント (6)

PHP

雑誌のPHP。
私が子どもの頃から、存在は知っていましたし、内容も良いことが書いてるのは知っていましたが、いささか高尚そうでほとんど目にしませんでした。

それからン十年。
妻が買ってくるようになりました。
その頃、私の知り合いの弟さんが、毎号執筆していたことが解り、一気に親近感を持ちまして、
だんだん読むページが多くなりました。

それにこの雑誌、誌面は小さいですが、中身は濃く、文字は大きめ、文章は短めにまとめられているので、読みやすいです。


| | コメント (4)

全く同じ夢

以前の記事

と、そっくりな体験をしました。

悪いことに傷はより大きいです。

もう右側には、角のあるような物は置けません。

なにか不吉なことでも?
夢を見るから落ちるのでしょうか?
それとも落ちるべくしてそのような夢を見るのでしょうか?

| | コメント (4)

«二度目の黄葉